3Dプリンターで家を建てる時代が到来?!

3Dプリンターというものをご存知でしょうか?

日本語で言うと「立体印刷機」です。

手軽に造形物がつくれる事で、数年前からモノ作りの場で利用者が増えています。

そんな3Dプリンターで、なんと家が造られる時代になっているんです。

ウクライナやロシアでは壁、屋根、床などの部分を「印刷」することで

40平米弱の広さですが、なんと24時間で建築できてしまうようです。

↓建築風景

なんだか凄い建築風景です。

とは言え、日本では基礎や構造体などが建築基準法に適していないので、実現は暫くは難しそうですね。

広く平坦な土地があれば、人手もかからずあっという間に家が完成するので、今後は災害用仮設住宅などに応用されていくかもしれません。

建築技術も日進月歩ですので、3Dプリンター住宅技術が進めば

かの豊臣秀吉の墨俣一夜城のように寝て起きたら家が建っている、なんて未来もやってくるかもしれません。

そんな面白い建築風景を見るために、私も頑張って長生きしてみようと思います。

カテゴリー: スタッフブログ-山本 パーマリンク