中古住宅のイメージ

中古住宅について、どんなイメージをお持ちでしょうか?

大抵の方は「汚い」「不安」「よく分からない」というのが多いようです。

その点を考慮して、国土交通省が中古住宅の流通を促進するために新たな制度を準備しています。

その名も「安心R住宅(仮称)」です。

建物診断を行い、品質に対しての「安心」。

リフォームの実施、または価格が明示されたプランがあり「きれい」。

新築時の各種資料や維持管理の履歴に関する情報があることによる「理解」。

これらの各種基準をクリアすることで、国がお墨付きを与えます。

当然、この条件をクリアしている住宅は安心して購入することができますよね。

逆にに言うと、売却の際はこの3点を最初に考えなければいけません。

大切な不動産の売却なので、どうしても「いくらで売れるのか」を最初に考えてしまいます。

しかし、自分が買う立場になって考えれば一目瞭然で、なによりも安心して引き渡せる状態であるのが一番です。

早く売るためにも、高く売るためにも、売却時の不動産屋選びは、いくらで査定してくれたかだけではいけません。

大切な不動産をどのような状態にして売ってくれるか、というのも注意してみてください。

もちろん弊社は安心R住宅(仮称)に準ずるサービスに加え、魅力を最大限に引き出すホームステージングも行っています。

ご自宅の売却の際には、ぜひ家を魅力的に見せることも考えてみて下さい。

カテゴリー: スタッフブログ-山本 パーマリンク